ブロードウェイミュージカル「シカゴ」

CAST

cast-ryoko
RYOKO YONEKURA / ROXIE HART
米倉涼子 [ロキシー・ハート]


2008年、2010年と日本語版『CHICAGO』のロキシーのオリジナルキャストとして主演を務めた。2012年、ロキシー役でブロードウェイ・デビューを果たす。同年、ヒットドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」に主演、第21回橋田賞を受賞する。同作の第4シーズンは、2016年で最も観られているTVドラマとなった。2017年10月には第5シーズンが放映される。その他の出演舞台は『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ役(菊田一夫演劇賞受賞)、『黒革の手帖』原口元子役。数々の映画やTVドラマにも主演し、映画「交渉人 the Movie」宇佐木玲子役、TVドラマ「奥さまは魔女」松井ありさ役、「ナサケの女」松平松子役、「モンスターペアレント」高村樹季役、「家政婦は見た!」沢口信子役などで活躍。上記の作品においてすべて主演している。2017年7月には再びブロードウェイにて同役を演じた。
cast-amra
AMRA-FAYE WRIGHT / VELMA KELLY
アムラ=フェイ・ライト [ヴェルマ・ケリー]


2001年よりヴェルマ・ケリー役を世界中で務め、2005年からはブロードウェイ、ウエストエンド公演に、それぞれの10周年記念公演も含めて出演している。2010年には日本語版公演に日本語で出演した。南アフリカのトニー賞といわれるナレディ賞、フルール・ドゥ・カップ賞を受賞。主な出演作に、UK:『フットルース』(ヴァイ・ムーア役)、南アフリカ:『グリース』(サンディ役)、『コーラスライン』(シーラ役)、『ナンセンス』(修道院長役)、『ジャックと豆の木』(ジャック役)、『ピーターパン』(ダーリング夫人役)、『ヴィヴァ・サン・シティ』(スター)、『エルヴィス・ラスベガス』(ヴィタ賞受賞)、『ドリンク・オン・ミー』『ルージュ・パルプ』(ヴィタ賞受賞)、『シィッティン・オン・トップ・オブ・ザ・ワールド』がある。ゲスト出演にSPARインターナショナル、VIPガラ、シドニー・オリンピック、ラグビー・ワールドカップ(ヨハネスブルグ・フィルハーモニー管弦楽団)、アクア・フェスティバル(ケープ・フィルハーモニー管弦楽団)がある。
※他アメリカ・カンパニーキャスト出演

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE