ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

【速報】#ミュージカルシカゴ 宝塚歌劇OGバージョンが横浜・NY・東京・大阪のワールド・ツアー!



2014年に宝塚歌劇100周年を祝して記念して制作された
ブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンが、
2016年夏にニューヨーク、リンカーン・センター・フェスティバル公演が決定!
横浜・NY・東京・大阪のワールド・ツアー!


2014年、宝塚歌劇100周年を祝して制作され東京・大阪・名古屋全46公演、70,000人を動員した、世界初女性キャストのみの『シカゴ』。宝塚歌劇団を卒業し、成熟した魅力を身につけた歴代のトップスターと、研ぎすまされたテクニックを持つダンサーたちによって表現された、1920年代のジャズ香る時代のセクシーでスタイリッシュ、そしてコミカルな『シカゴ』は、新たな舞台表現の可能性を日本の観客だけでなく、ブロードウェイの関係者にも印象付けました。そして、『シカゴ』ブロードウェイ公演がロングラン20年を迎える2016年、この宝塚歌劇団OGバージョンの7月のリンカーン・センター・フェスティバルでの上演が決定!ニューヨーク、アンバサダー劇場で上演中の『シカゴ』と今回のリンカーン・センター公演により、ニューヨークの主要な劇場2つで同じ演目が同時に上演されるのは史上初となります。

トニー賞®最優秀リバイバル・ミュージカル作品賞に輝き、アメリカ作品としてはブロードウェイ史上1位のロングラン記録を更新し続け、現在20年目を迎えている『シカゴ』。何でもあり<All That Jazz>な富と名声の物語、素晴らしい楽曲、そしてスタイリッシュでセクシーなダンスが楽しめるこのミュージカルは、ブロードウェイミュージカルの代名詞です。これまでにトニー賞®6部門、オリヴィエ賞®2部門、グラミー賞®、そして幾千回ものスタンディングオーベーションの賞讃を受けてきました。この人気は全世界に広がり、日本を含む30カ国以上、12言語で公演が行われています。

宝塚歌劇OGバージョンは、宝塚歌劇100周年を祝して2014年11月に上演され、振付はブロードウェイで伝説的存在となったボブ・フォッシーによるもの、演出や舞台美術などは全てブロードウェイで上演されている『シカゴ』のクリエイティブ陣の手によって創られました。ミュージカルの聖地ブロードウェイでも「最もセクシーなミュージカル」と称される『シカゴ』と、宝塚歌劇団の卒業生(OG)たちのパフォーマンスによる良質な化学反応に溢れた公演は批評家からも絶賛され、その評判と、公演を手がけたクリエイティブ・チームからの手応えを聞きつけたリンカーン・センター・フェスティバル実行委員会によって2016年7月のデヴィッド・H・コーク・シアターでの上演が実現しました。主演は宝塚歌劇の元トップスターが務めます。峰 さを理、麻路さき、姿月あさとは巧みにヴェルマとロキシーを操る弁護士ビリー・フリンを演じ(トリプルキャスト)、和央ようか、湖月わたる、水 夏希はヴェルマ・ケリー(トリプルキャスト)を、そして朝海ひかると大和悠河はロキシー・ハート(ダブルキャスト)を演じます。

宝塚歌劇は1989年にNYでラジオシティ・ミュージックホールでの公演を行なっており、当時のニューヨーク・タイムズ紙は「ジーグフェルド・フォリーズ、フォリー・ベルジェール、ラスベガスのフロアショーへの日本の答えがこれだ。ミュージックホールがひとつの煌びやかな贈り物へと展開した」と称しました。今回の『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンの上演は、初の宝塚歌劇OGによるニューヨーク、リンカーン・センター・フェスティバルでの上演となり、また海外初の上演となります。

ニューヨークを含めたワールド・ツアーは、7月12日から横浜・KAAT 神奈川芸術劇場、7月20日からニューヨーク・デビット・H・コーク・シアター、その後8月10日から東京・東京国際フォーラムホールC、8月25日から大阪・梅田芸術劇場メインホールと全4カ所での公演となります。


公演日程はTICKET&SCHEDULEページをご確認ください。

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE