NEWS & BLOG

2022.01.01

2022年シカゴ再演決定!米倉涼子、ブロードウェイデビュー10周年記念!

米倉涼子、ブロードウェイデビュー10周年記念!

日本人女優史上初、4度目のブロードウェイ主演抜擢、

そして来日公演で「シカゴ」25周年記念のプレミアムツアー

   
    NY・ブロードウェイ(BW)のリバイバル版初演から25年を迎え、アメリカ作品として歴代1位のロングラン、世界36か国・500都市以上・12言語で上演されているメガヒット・ミュージカル『シカゴ』。実話に基づいた二人の悪女によるスキャンダラスなシンデレラ・ストーリーは、奇しくも人々の共感を生み、「オール・ザット・ジャズ」など、名曲揃いのミュージカル・ナンバーと、鬼才ボブ・フォッシーの振付を体現するセクシーな衣装に身を包んだ超一流のダンサーたちは、世界中の観客を魅了している。 この作品で2012年にBWデビューを飾り、2017年のリバイバル版『シカゴ』20周年アニバーサリーイヤー、2019年と3度BW公演でロキシー・ハート役を務めた米倉涼子が、自身のブロードウェイデビュー10周年を記念する2022年、日本人女優史上初となる4度目のブロードウェイ主演に挑戦する。 そして12月には、アメリカ・カンパニーの来日公演「25周年記念ジャパン・ツアー」でもロキシーを演じることが決定。 日本を代表する女優米倉涼子が心から愛する役、ロキシー・ハート。進化し続ける米倉ロキシー2022年版をどうぞお見逃しなく!  
  ブロードウェイミュージカル『シカゴ』 2022年11月 ブロードウェイ公演 会場:アンバサダー劇場(ブロードウェイ、ニューヨーク)   2022年12月 アメリカ・カンパニー来日公演 ※生演奏/英語上演/日本語字幕あり 会場:東京国際フォーラム ホールC (有楽町、東京)
 
 
 

米倉涼子(ロキシー・ハート)

 

Ryoko Yonekura as Roxie Hart

 

2008年、2010年と日本語版「CHICAGO」ロキシーのオリジナルキャストとして主演を務めた。2012年ロキシー役でブロードウェイ・デビューを果たす。同年、大ヒットドラマ「Doctor-X~外科医・大門未知子~」に主演、第21回「橋田賞」を受賞する。同作は、2020年の第7シーズンに至るまで最も観られているTVドラマとなった。2022年1月13日に主演を務めたNETFLIXシリーズ「新聞記者」が全世界同時配信予定。その他の出演舞台は「風と共に去りぬ」スカーレット・オハラ役(菊田一夫演劇賞受賞)、「黒革の手帖」原口元子役など。数々の映画やTVドラマにも主演し、ドラマ「モンスターペアレント」、「ナサケの女~国税局査察官~」、「35歳の高校生」、「家政婦は見た!」、「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」などがあり、これらすべての作品で主人公を演じている。2017年、2019年にも再びロキシー役でブロードウェイの舞台を踏み、今回が4回目の公演となる。

 

公式HP:https://desafio-net.jp/  公式Instagram:ryoko_yonekura_0801  公式ファンクラブ:https://yonesanchi.com/

  **** 米倉涼子からのコメント 『シカゴ』は、ストーリー、登場人物、音楽、ダンス、衣装、ユーモア、全てが大好きで私にとってパーフェクトな世界です。全世界であらゆる言語で上演されている『シカゴ』の一員になれたお陰で私の世界も広がりました。『シカゴ』にもし出会っていなければ今の私はないと言っても過言ではありません。ブロードウェイでロキシー役を演じるのは今回で4度目になります。そして初めてブロードウェイの舞台に立った2012年から10年が経ちます。何度やっても不安と緊張でいっぱいですが、今の私が演じるロキシーを是非楽しみにしていただければと思います。精一杯頑張ります。   ****
« 記事一覧