ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

【速報】 #ミュージカルシカゴ に #米倉涼子 がロキシー役で5年ぶりにカムバック!7月ブロードウェイ主演、 8月東急シアターオーブでの20周年記念ツアーに出演決定!

20周年を迎えたアメリカ作品ブロードウェイ歴代1位のロングランミュージカル『シカゴ』に米倉涼子がロキシー役で5年ぶりにカムバック!7月にブロードウェイ主演、8月に20周年記念ツアーで上演決定!

CHI2017_key_visual_other

2012年7月、「シカゴ」のロキシー役でブロードウェイ・デビューを飾り、日本人女優としては54年ぶりとなるブロードウェイでの主演という快挙を成し遂げた米倉涼子。ニューヨークでの出演公演(全6回)と直後に行われた東京凱旋公演(全23回)は全て完売し、連日立見席の賑わいとなりました。

2012年以降、『シカゴ』ブロードウェイ公演のプロデューサー、バリー・ワイズラー氏は、いつでも米倉に戻ってきてほしいとラブコールを送り続け、米倉も、現地や日本での自主稽古を行い、また2015年12月の「シカゴ」来日公演で実現した湖月わたるのヴェルマ出演時の稽古に協力するなど、「シカゴ」に関わり続けていました。そして、昨年の11月にロングラン20周年を迎えた『シカゴ』に、新鮮さと米倉の持つスター・クオリティをブロードウェイから世界に発信したいという希望から、前述のワイズラー氏から正式にオファー。これに快諾し、2017年7月から8月中旬にかけての米倉涼子のカムバック公演が決定、7月のブロードウェイ公演後、8月の日本での20周年記念ジャパン・ツアー公演(8月2日[水]~13日[日]東急シアターオーブ)に引き続き出演します。

米倉涼子が演じるのは、欲望の為には手段を選ばないが、なぜか憎めない小悪魔のようなロキシー・ハート。不倫相手を殺害した罪で起訴された人妻ロキシーは、弁護士やメディアを利用してスターの座を掴もうとします。「オール・ザット・ジャズ (All That Jazz)」をはじめ、全曲が名曲揃いの『シカゴ』。ロキシーの代表的な楽曲は、夫への愛を皮肉たっぷりに歌い上げる「ファニー・ハニー (Funny Honey)」、演劇史に残るモノローグから歌へと繋がる「ロキシー (Roxie)」、ダンスが舞台狭しと展開される「ミー・アンド・マイ・ベイビー (Me and My Baby)」や、一筋縄ではいかない人間讃歌「ナウアデイズ (Nowadays)」など盛りだくさんです。舞台女優、そして一人の女性としての彼女の魅力が、舞台上で披露されます。

「シカゴ」20周年のアニバーサリー・イヤーに実現する米倉涼子のブロードウェイ再出演、そして待望の日本公演は、2017年夏の最大の話題となるでしょう。

*ブロードウェイ出演期間: 7月3日(月)〜7月13日(木) *予定 アンバサダー劇場(ニューヨーク、ブロードウェイ)
*20周年記念ジャパン・ツアー:2017年8月2日[水]—8月13日[日] 全16回 東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階


チケット一般発売は4月22日(土)です。公演詳細は後日発表します。TOPページからメール登録もしくはオフィシャルツイッター @Chicago_japan をフォロー、 公式Facebook に「いいね!」をしていただくと、最新の情報をお送りします。

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE