ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

【NY公演コメント】各著名人からの称賛の声をお届けします! #ミュージカルシカゴ #宝塚歌劇OGバージョン

横浜公演を皮切りに、ニューヨークのリンカーン・センター・フェスティバルで上演された、ブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョン。初のニューヨーク公演を大成功で終演した彼女たちに、昨日ご紹介したジョン・カンダー、ウォルター・ボビーのほかにも各著名人から称賛の声が届いていますので、ご紹介します。

トミー・チューン(演出家・振付家)代表作:「グランドホテル」「ウィル・ロジャース・フォーリーズ」
これまでになく素敵だった。彼女たちは凄くてプロフェッショナル、自分たちらしく表現していた。私が昔から知る宝塚にとっては「シカゴ」という題材はとても難しい演目だと思うけど、キャストたちは自分らしさを取り入れ、洗練された「シカゴ」を演じていた。

ウォルター・ボビー(演出家)代表作:「シカゴ」(1996年版)、「フットルース」「ヴィーナス・イン・ファー」
素晴らしかった。この日本の優れた伝統とアメリカの文化とが溶けあう姿を観られることは素晴らしい。2つの文化が1つになって魔法を生み出した。私が今どこにいるのかわからないほどだよ。

ジョン・カンダー(作曲家)代表作:「シカゴ」「キャバレー」「蜘蛛女のキス」
驚くべきプロダクションでした。女性が男性を演じているという感覚はすぐに吹き飛んで、素晴らしいパフォーマンスを観ていると実感できました。

ジョン・マウチェリー(指揮者)受賞歴: グラミー賞、トニー賞、他多数
カンパニーのみんなが素晴らしい。一人一人が完璧に役になりきり、正確に動き、優雅で、かつ情熱的です。このプロダクションで素晴らしいことは、非常に丹念かつワイルドに情熱が注がれているということ、さらにそれが忠実にコントロールされていることです。

チャールズ・イシャーウッド(ニューヨーク・タイムズ紙 舞台批評家)
心から讃えたい--- 作品を隅々まで磨き上げ、歌唱も素晴らしく、ドラマを粋に演じたことを。

フランク・ワイルドホーン(作曲家)代表作: 「ジキル&ハイド」「スカーレット・ピンパーネル」「デスノート」
本当に美しかった。私はブロードウェイの友人を沢山連れてきましたが、みんな圧倒され、興奮していました。本当に誇りに思います。

こちらで紹介したインタビューの模様(動画)はシカゴ公式Youtubeにて公開しますのでお楽しみに!
数々のニューヨーカーを魅了した世界一エレガントな『シカゴ』が再び日本に帰ってきます!東京公演は8月10日(水)より東京国際フォーラムホールCにて開幕、大阪公演は8月25日(木)より梅田芸術劇場メインホールにて上演いたします。
ニューヨーク公演でさらに磨きをかけた彼女達のパフォーマンスは必見です!
チケットはシカゴ事務局にて会員登録不要でお買い求めいただけますので、お急ぎください。
お電話:シカゴ事務局 0570-08-9940 (全日10-18時/オペレーターが丁寧に対応いたします)
WEB:こちらをクリック

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE