ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

【NY公演観劇インタビュー】ジョン・カンダー :『シカゴ』作曲家&ウォルター・ボビー :『シカゴ』(1996) 演出家 #ミュージカルシカゴ #宝塚歌劇 OGバージョン

ニューヨークにて大盛況だったブロードウェイミュージカル「シカゴ」宝塚歌劇OGバージョン。初日公演には、なんと「シカゴ」の作曲家ジョン・カンダーと演出家のウォルター・ボビーも来場!今日は観劇直後のインタビューをお届けします。

かるめ20160720-_DSC0548 のコピー
写真右:ジョン・カンダー、作曲家(「シカゴ」「キャバレー」「蜘蛛女のキス」など)
写真左:ウォルター・ボビー、演出家(「シカゴ」(1996)、「フットルース」など)


Q.「シカゴ」宝塚歌劇OGバージョンの感想をお聞かせください。

ジョン:私が今どの世界にいるかわからないよ。ウォルターと話していたんだけど、フレッド・エッブとの共作を違う言語で聞いて、同時に(字幕を)読むことに興奮したよ。キャストは本当に素晴らしい。とてもスリリングな経験だったよ。

ウォルター:素晴らしかった。この日本の優れた伝統とアメリカの文化とが溶けあう姿を観れることは素晴らしい。2つの文化が1つになって魔法を生み出した。私が今どこにいるのかわからないほどだよ。

ジョン:僕も同じ感覚を受けたよ。

ウォルター:劇場にいて、何らかの伝統を目撃した。アメリカにはない演劇の伝統だよ。並外れているよ。

ジョン:作品自体は作品として成立していて…そしてあのアンコールを見ると彼女らのことをさらに理解することができるんだ。


◉女性だけの「シカゴ」という点ではいかがでしたか?

ウォルター:美しくて、非凡で、そしてミステリアスに感じたよ。私は没頭したよ。

ジョン:全てが機能するんだ。彼女たちを一度見ると納得して気にならなくなる。

ウォルター:英語圏の演劇では、特に17世紀(1600年代)のシェイクスピアの時代には全ての役は男性が演じていた。そして今回は全ての役は女性が演じる。完全なる真逆だよ。文化的イベントだ。特筆すべきで、演劇的にも全く違うアプローチで驚いたよ。

ジョン:驚くべきプロダクションでした。僕ら二人は(女性が男性を演じる)変わった感覚は吹き飛んで、素晴らしいパフォーマンスを観ていると実感できたのです。

ウォルター:「シカゴ」を観たんだっていう実感です。


◉カンパニーの皆さんへメッセージをお願いします

ウォルター:私が伝えたいのは、完璧に素晴らしいショーをありがとう。日本語でこの作品に命を吹き込み、さらにアメリカで公演してくれたことに。本当に良い時間が客席で過ごせたよ。美しいパフォーマンスだった。

ジョン:次の100年も彼女らがしたいすべきことをして欲しいと思うよ。


凱旋公演となる東京公演はいよいよ8月10日(水)から東京国際フォーラムホールCにて開幕致します。
チケットは残席わずかの公演もでていますので、お早めにお買い求めください。購入は会員登録不要のシカゴ事務局が便利です!
お電話:シカゴ事務局 0570-08-9940 (全日10-18時/オペレーターが丁寧に対応いたします)
WEB:こちらをクリック

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE