ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

宝塚歌劇団元星組トップスター 湖月わたる ヴェルマ役で<シカゴSPマチネ>に参加決定! #ミュージカルシカゴ

湖月さん写真 2014年11月、宝塚歌劇100周年を記念して制作された世界初・女性キャストのみの『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョン。この作品にヴェルマ・ケリー役で出演した湖月わたるが、2015年12月に来日公演を行う『シカゴ』アメリカ・カンパニーの一員として参加・出演することが決定! アメリカ・カンパニーのメンバーとして、連続テレビ小説「マッサン」でヒロインを演じたシャーロット・ケイト・フォックスも、ヴェルマの絶妙な好敵手となるロキシー・ハート役で出演する。

 湖月の挑戦は、2012年「DANCIN' CRAZY 2」でヴェルマを演じた時から始まっていた。OGバージョンに向け、役作りのためにダンス・歌・英語の個人レッスンを重ね、ヴェルマの台詞と歌の全シーンを英語で覚えた。湖月の努力は『シカゴ』クリエイティブチーム(振付家・演出家)とのコミュニケーションを深めることとなり、演技・歌・ダンスの実力においてすでに厚い信頼を寄せていたクリエイティブチームは、「英語」の発音こそが出演の鍵、と彼女にアドバイスを与えていた。

大澄さん大成功を収めた『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンは、昨年11月から12月までの公演を実施。その閉幕後も、湖月は専門家の元で英語の発音矯正を学び、自身でも日々たゆまぬ努力を重ねてきた。また、単身ニューヨークを訪れて本場ブロードウェイの『シカゴ』に触れ、英語の台詞に更なる磨きをかけるためのレッスンを続けている。そして2015年、湖月が送った英語台詞のビデオがニューヨーク・ブロードウェイの『シカゴ』プロデューサーとクリエイティブチームに認められ、今年12月の来日公演における限定出演が決まったのだ。『シカゴ』のストーリーにおける要のキャラクターであり、誰もが知る名ナンバー“ALL THAT JAZZ”( オール・ザット・ジャズ)をはじめとする劇中の注目曲を数多く披露するヴェルマ・ケリー役。湖月が同役を務め、アメリカ・カンパニーに参加する『シカゴ』来日公演のうち、東京6回・大阪2回、計8回の昼公演を〈シカゴSPマチネ〉と題し、全編英語上演(日本語字幕あり)のスペシャル公演を行う!!

 なおこの<シカゴSPマチネ>には、2009年来日公演時にフレッド・ケイスリー役でアメリカ・カンパニーの一員として出演を果たし、鬼才ボブ・フォッシーの振付スタイルの真髄を知り尽くした日本における「フォッシー・スタイル」の第一人者、大澄賢也も出演する。2007年の湖月主演作、「DAMN YANKEES〜くたばれ!ヤンキース〜」での初共演から、大澄が振付スーパーバイザーとして参加した『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンに至るまで、揺るぎない信頼関係を築いてきた二人のパフォーマンスに、大きな注目が集まる!

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』東京公演は、12月4日(金)から12月23日(水・祝)まで東急シアターオーブにて開催。また新たに発表された大阪公演は、12月26日(土)と27日(日)の2日間で梅田芸術劇場メインホールにて開催される。うち、東京6回・大阪2回、計8回の昼公演の〈シカゴSPマチネ〉に湖月わたるがヴェルマ・ケリー役、大澄賢也がフレッド・ケイスリー役で出演。シャーロット・ケイト・フォックスは全ての公演にロキシー・ハート役として出演し、<シカゴSPマチネ>以外の公演は、ブロードウェイの実力派アムラ=フェイ・ライトがヴェルマ・ケリー役を演じる。公演スケジュールや先行販売に関する情報はコチラから!

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE