ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

【ブログ連載#46】シカゴなトリビア 衣裳編【シカゴ!フォッシー!!ジャ〜〜ズ!!!】 #ミュージカルシカゴ

前回に引き続き「シカゴなトリビア」、今回は衣裳編です。    「最上級の色気」(産經新聞)と讃辞を頂き、 NYでも「ブロードウェイで最もセクシー!」 と名高いシカゴですが、セクシーな衣裳がこの要素を引き立てています。   実はこの衣裳、ビリー、ヴェルマ、ロキシー、ママ、エイモス、メアリー以外は、役に捕われずにデザインが選ばれているんです。   わかりやすく言うと、役者の個性に合わせて衣裳が選ばれているのです。   もっと簡単に言うと、どの衣裳が一番似合うか?という基準です。     なので、今回の編成は、アンサンブルもキャストが入れ替わっていますが、同じ役を別のキャストが演じる時も衣裳はそのままです。     例えば上記の写真だと右から2人の衣裳は、今回のOGバージョンでは使用していません。ちなみに2008年の日本版では、一番右の衣裳は水希友香さん(キティ役)、右から2番目の衣裳は原田薫さん(アニー役)が着ていました。   OGバージョンで、誰がどの衣裳を着ているのか?是非プログラムで確認してみてください。   と、あくまで役者の個性を重視するシカゴらしい衣裳の話でした。   (出来る限り)毎日夕方6時に更新!! That JAZZ!!      

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE