ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

【ブログ連載#29】セカンドシティ【シカゴ!フォッシー!!ジャ〜〜ズ!!!】 #ミュージカルシカゴ

「 皆様からの励ましのお言葉(Tweet)のおかげで、つらい苦しみを乗り越えることができました!」ー ロキシーの台詞より引用 悠河さん、そして皆さん、ありがとうございます!たくさんの方に読んで頂いていて嬉しいです!これからも(出来る限り)頑張ります!     そして、前回からの流れからの   街としてのシカゴ紹介(続き)です。   シカゴはミシガン湖を拠点に五大湖の流通と工業の中心地としてアメリカ2位の都市、通称「セカンドシティ」として一時代を築きました。(現在は第3位です…)   セカンドシティという呼び名はシカゴの50年以上の歴史を誇るコメディ劇団の名前でもあります。この劇団はサタデーナイトライブやアメリカのショービズ界にコメディアンを数多く輩出しています。   ちょっとだけ紹介すると、 ジョン・キャンディ(映画「クール・ランニング」) ダン・エイクロイド(映画「ブルース・ブラザーズ」「ゴーストバスターズ」) ジョン・ベルーシ(映画「ブルース・ブラザーズ」「アニマル・ハウス」<<超名作!!) ジェームズ・ベルーシ(映画「K-9」) ビル・マーレイ(映画「ゴーストバスターズ」「ロスト・イン・トランスレーション」) マイク・マイヤーズ(映画「オースティン・パワーズ」) スティーヴ・カレル(映画「40歳の童貞男」) ティナ・フェイ(TVドラマ「30 ROCK/サーティー・ロック」 他多数が、セカンドシティ出身、もしくは出演をしています。   あ、デーブ・スペクターさんもセカンドシティに在籍経験ありです。   セカンドシティはシカゴやトロント、ハリウッドでも公演を行っていますのでもしも良かったら観てください。(私が最後に観たのは15年以上前ですが、アドリブ満載のコメディでした。) http://www.secondcity.com   大都会のシカゴは、コメディの他にもコンサートや演劇など様々なライブ・エンターテインメントが盛んです。シカゴ・シンフォニー・オーケストラ、シカゴ・ブルース、ジャズ、リリック・オペラ・オブ・シカゴ、また、ブロードウェイミュージカルも頻繁に上演されています。もちろんCHICAGOも何度も上演されていますよ。   特に有名な劇場はコチラ! シカゴの代名詞としてあまりにも有名なシカゴ劇場(CHICAGO THEATRE)は、1921年に写真の通りの外観で竣工されました。当時は巨大な映画館として、現在はコンサートホールとして稼働しています。   今現在のシカゴは美しく、治安も良い都市です。ですが、20年〜30年代のシカゴは「ギャングの街」という印象を持つ人も多いと思います。   そう、アル・カポネです。カポネの説明は映画「アンタッチャブル」を観ていただければ済んでしまうので端折ります。。。 ちなみにエリオット・ネスとカポネの争いはかなり脚色されているので要注意ですよ!   という訳(?)で、「街として」というより(かなり隔たった)文化を紹介した今回。次回は「狂騒の20年代とフラッパー VOL.1」です。   (出来る限り)毎日夕方6時に更新!! That JAZZ!!

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE