ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

【ブログ連載#27】HAPPY BIRTHDAY アニー!【シカゴ!フォッシー!!ジャ〜〜ズ!!!】 #ミュージカルシカゴ

今日(11/10)は「シカゴ」の最重要人物、NYオリジナル・プロダクション振付のアン・ラインキングのお誕生日です!(年齢は秘密!)   アン・ラインキング(Ann Reinking) 1969年にアンサンブルとしてブロードウェイデビュー(作品は「Coco」)、それから1972年の「ピピン」でキャサリンのアンダースタディ、1976年には「コーラスライン」のキャシー役、1977年には初演版「シカゴ」のロキシー・ハート役、1978年の「ダンシン」(オリジナルキャスト)、1986年に「スウィート・チャリティ」のチャリティ役とブロードウェイになくてはならないスターとなりました。映画では「オール・ザット・ジャズ」(1979)、「アニー」(1982)に出演しています。   彼女は1996年のリバイバル版「シカゴ」にてロキシー・ハート役(オリジナル・キャスト)、そして「ボブ・フォッシーのスタイルによる」振付が評価され、トニー賞や各賞を総なめにしました。彼女は今現在もブロードウェイ版の「シカゴ」の振付のブラッシュアップを行っており、今回の宝塚OG版もその最新の振付に基づいて制作されています。   そんな彼女の素晴らしいダンス。下記の動画は冒頭は「シカゴ」の楽曲「Me and My Baby」で始まりますよ。 彼女がいなければ、リバイバル版「シカゴ」の成功はなかったと断言できます。 ということで感謝の気持ちも込めて...   HAPPY BIRTHDAY! アニー!   (出来る限り)毎日夕方6時に更新!! That JAZZ!!

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE