ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

ブロードウェイに挑んだ日本人女優の偉業【1】text=トシ・カプチーノ

今回のCHICAGOオフィシャルプログラムから特別にトシ・カプチーノさんの記事を全3回に渡って公開します!オフィシャルプログラムは会場にて限定販売(2,000円)していますよ!   ============================ 世界屈指の演劇都市ニューヨーク ブロードウェイに挑んだ日本人女優の偉業   text=トシ・カプチーノ   米倉涼子がミュージカル『CHICAGO』でブロードウェイ・デビューすることに、我知らず“嫉妬”。兼業主夫の私でさえ、モーツァルトの才能をねたむサリエリの心境になったのだから、おそらく舞台女優の99%が、私と同じくハンカチの隅を「キッー」と噛むほどの気持ちになったのではないだろうか?   日本人の役者にとってブロードウェイ(BW以下略)舞台に立つことは、ロンドン五輪で人類最速の男と言われるウサイン・ボルトと100メートル決勝で一緒に走るくらいの一大事。なにせ、世界中から才能溢れる面々が集まり、しのぎを削っているから、アーティストの質が尋常じゃない。ミュージカルともなれば、演技と歌はもちろんのこと、バレエ、タップ、シアターダンスが踊れて当たり前。ネイティブ並みに英語が喋れることも大前提だ。アカデミー女優ナンシー梅木が、1958年のBWミュージカル『フラワー・ドラム・ソング』に主演して以来、それに続く日本人で主役をはれる人材が出てこなかったのは、まさにBWの敷居の高さによるもの。そのハードルを54年ぶりに乗り越えた米倉涼子の偉業に、日本のメディアが大騒ぎするのは無理もない話だ。   彼女が『CHICAGO』で演じるのは、ボードビル・ショーのスターを夢見るナイトクラブの売れない白人歌手、ロキシー・ハート。過去に多くのセレブが同役を演じてきたが、アジア人が演じるのは前代未聞! 1991年のBW版『ミス・サイゴン』では、エンジニア役にアジア人がキャスティングされなかったことに、アジア系俳優組合が猛反発。ショーがボイコット寸前となり、開幕が危ぶまれたこともあった。しかし時代は確実に変わったようで、白人役を米倉涼子が演じることに労働組合もゴーサイン。とはいえ、過去に前例がないこのキャスティングに筆者の血が騒がないわけがなく、お手並み拝見ということで、2012年7月10日、記念すべき彼女のBWデビューの日に、最前列で目撃した!   【2】につづく   [caption id="attachment_713" align="alignnone" width="199"] photo by Masahiro Noguchi[/caption]

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE