ブロードウェイミュージカル「シカゴ」
20周年記念ジャパン・ツアー

NEWS&BLOG

シカゴ・クロニクル(4)ラズル・ダズルな世紀末

「シカゴ・クロニクル CHICAGO年代記とアメリカン・ヒストリー」 (前回の記事はコチラから) 知っているとお友達にどや顔できる(?)、トリビアな情報満載ですよ。今回が最終回です。   CHAPTER 4/ラズル・ダズルな世紀末   「50年経てば物事は変わる」とは『CHICAGO』のナンバー「Nowadays」で歌われる歌詞だが、同作の初演から20年後の世紀末、アメリカ社会はすでに大きく変容していた。マスコミの狂乱は増し、セレブが世間をペテンに掛け、大衆が名声を追い求める風潮もかつて以上に強まった。   演出家のウォルター・ボビーが、忘れ去られた名作ミュージカルをコンサート形式で上演する「アンコール!」シリーズで『CHICAGO』を上演しようと思い立ったのは、アメフトの元花形選手O・J・シンプソンが逮捕・起訴されたスキャンダラスな殺人事件にまつわるメディアと大衆の熱狂ぶりを見てのことだった。その後、アメリカのみならず全世界が『CHICAGO』のメッセージを受け止めて絶賛の声を寄せたのは、皆様ご存知のとおり。   『CHICAGO』は、たゆまぬ変化を続けるアメリカ社会をリフレクトするきらびやかな鏡だ。21世紀の今も、その輝きは衰えることを知らない。   “CHICAGO” & THE AMERICAN HISTORY 1896 7月 モーリーン・ダラス・ワトキンス誕生。 1920 3月 アメリカ合衆国憲法修正第18 条(禁酒法)施行。 1923 10月 マフィアのアル・カポネがイリノイ州シセロに活動拠点を移す。 1924 3月 バツ3 のキャバレー歌手、ヴェルヴァ・ゲートナーがシカゴで愛人を殺害。 4月 自動車修理工の妻ベラ・アナンがシカゴで不倫相手を殺害。 1926 12月 ワトキンスの戯曲『Chicago, or Play Ball』がブロードウェイで開幕。 1927 6月 ボブ・フォッシー、シカゴで誕生。 1927 12月 『Chicago』がサイレント映画化(邦題「市俄古」)。 1933 12月 禁酒法廃止。 1942 2月 『Chicago』が「Roxie Hart」のタイトルで2 度目の映画化。 1954 5月 フォッシーの初振付作『パジャマ・ゲーム』がブロードウェイで開幕。 1955 5月 フォッシー振付、グウェン・ヴァードン主演の『くたばれ!ヤンキース』がブロードウェイで開幕。 1960        フォッシーとヴァードンが結婚。 1964 8月 トンキン湾事件で米軍がベトナム戦争に本格参入。 1969 8月 ワトキンス死去。 1973 6月 ウォーターゲート事件の幕開けとなる不法侵入事件が発覚。 1973 3月 米軍がベトナムから全面撤退。 1974 8月 リチャード・ニクソン、大統領を辞任。 1975 6月 ミュージカル『Chicago ‒ A Musical Vaudeville』がブロードウェイで開幕。 7月 ミュージカル『コーラスライン』がブロードウェイで開幕。 1977 8月 『Chicago』、全936公演で閉幕。 1987 9月 フォッシー死去。享年60。 1990 4月 『コーラスライン』、全6137 公演で閉幕。 1994 6月 O・J・シンプソンの元妻と友人男性が殺害される。 1995 10月 シンプソンに対する刑事裁判で無罪判決が下される。 1996 5月 「アンコール!」シリーズでコンサート版『CHICAGO』が上演される。 11月         ミュージカル『CHICAGO』リバイバル版、ブロードウェイで開幕。 2000 10月 ヴァードン死去。享年75。 2002 12月 ミュージカル「CHICAGO」が映画化。 2004 9月 『CHICAGO』作詞・共同脚本のフレッド・エッブ死去。享年71。   [caption id="attachment_498" align="alignleft" width="193"] リバイバル版CHICAGOの初期ビジュアル[/caption]  

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE

× CLOSE